借地権物件

家を探している際に、借地権物件と聞くとそれだけで気に入った物件であっても敬遠してしまうことが良くあります。
しかし、そのシステムや仕組み、メリット、デメリットについてきちんと理解できている人は少ないものです。
条件によっては借地権の物件を選ぶことで得をすることもあるものです。

そもそも借地権とは、第三者の土地に自分の建物を建てるということになります。
この、第三者の土地を借りる権利を借地権と言います。
そのため、家を建てる場合には、土地を購入せず賃貸契約を結ぶため普通の土地に家を建てるよりも安く済ませることができます。
一般的に、所有権に比べて3割ほど安いと言われています。
また、土地は取得していないため、土地の取得税や登記費用も発生しないので、初期費用が大幅に抑えられます。
また、土地については固定資産税や都市計画税の負担は地主にあり、契約者には支払い義務がありません。
また、家は自分のものなので、リフォームや改築は自由に行えます。
また、多くの物件が立地の良いところにあります。

このような説明を聞くと借地権物件はとても良い物件であるように思えます。
しかし、初期費用はかかりませんがその他の場面では費用がかさむケースがあります。
そのため、気をつけていないと思わぬところで出費があったり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。
そこで、ここでは借地権の土地の更新時の手続き内容や、その更新料について紹介します。



○Recommend Site
借地権に関するトラブルや更新などについて相談ができます → 借地権 相談